板垣退助100円札の価値は?

板垣退助100円札の価値・買取相場

価値 〜30万円
発行年代 1953年(昭和28年)~現在
券種 日本銀行券B号券
サイズ 縦76mm×横148mm

板垣退助100円札の価値は、最大で30万円ほどとなります。

ピン札や保存状態などほかにも様々な要因で買取価格は前後しますが、しかしたった1枚の100円札が15万円の価値があるなんて驚きですよね!

お持ちの板垣退助100円札は、あなたの想像している以上に価値の高いお札なのです。

お持ちの100円札の価値が少しでも気になれば、ぜひ一度無料査定してもらうことをおすすめします。

【無料】100円札の査定依頼はこちら

板垣退助100円札の価値を詳しく紹介!

板垣退助100円札の価値は、発行時期の「最初期」「前期」「後期」によってそれぞれ変わってきます。

発行時期によって発行枚数が少なかったりするので、価値も大きく変わってきますので詳しく紹介していきます。

板垣退助100円札【最初期】の価値と見分け方

板垣退助100円札【最初期】の価値と見分け方

価値:最初期 〜10万円

最初期と前期の見分け方についてデザインは同じのため、見た目だけで見分けることは難しいです。

しかし、最初期と前期の100円札では買取価格が違うので、しっかり見極める必要があります。

最初期のものは、上記の画像のように「全体的なお札の色が茶褐色」かつ「先頭のアルファベットが1ケタのもの」となります。

  • 最初期の見分け方
     →【S〇〇〇〇〇M】のように先頭のアルファベットが一ケタのもの

最初期に発行された板垣退助100円札は、最も発行枚数が少ないため、価値は非常に高くなっております。

板垣退助100円札【前期】の価値と見分け方

板垣退助100円紙幣【前期】の見分け方

価値:前期 〜10万円

前期のものは、上記の画像のように「全体的なお札の色が茶褐色」かつ「先頭のアルファベットが2ケタのもの」となります。

  • 前期の見分け方
     →【XK〇〇〇〇〇L】のように先頭のアルファベットが二ケタのもの

先頭のアルファベットが2つであれば、前期か後期に発行された100円札です。

前期の板垣退助100円札の価値・買取相場は、最大で10万円ほどとなります。

板垣退助100円札【後期】の価値と見分け方

板垣退助100円札【後期】の価値と見分け方

価値:後期 〜3,000円

「最初期、前期」と「後期」の違いもデザイン面に違いはなく、見分けるポイントはお札の「色」で見分けます。

  • 最初期or前期の色
     →全体的に色が「茶褐色」
  • 後期の色
     →色が「白っぽい」

上記の2つの画像のように、お札の色が「白っぽい」ものが後期のお札となりますが、古いお札でもあるので変色している可能性もあります。

「最初期、前期」と「後期」の違いの見分けがつかない場合は、無料で査定してくれる買取店があるのでそちらで査定してもらうことをおすすめします。

100円札の価値は?【無料】査定する

板垣退助100円札の価値を実際に確かめ見よう!

上記で紹介したプレミア価値のある100円札には、10万円以上の価値がある100円札もあります。

またプレミア価値がなくても、「最初期、前期」の100円札であれば、1万円〜3万円ほどで買取をしてもらえます。

もし板垣退助100円札をお持ちで、不要であれば買取してもらうことをおすすめします。

「私の持っている100円札には価値がない」と決めつけずに、一度査定してもらいましょう。

私自身、これまでさまざまな古銭の買取をしてもらってきましたが、ネットの相場や価値より高く売れることが多かったです。

「汚れていて、買取もしてもらないのでは…」とおもっていた古銭が10万以上で売れたこともあります。

ネットの相場などを全て信じるのではなく、実際に査定してもらってあなた自身で価値を確かめてみてください。

査定価格だけ聞いて、納得できなければ売らなければいいのです。気になる方は、ぜひバイセルで無料査定をしてもらってみてください!

【無料】100円札の査定依頼はこちら

※上記で紹介した金額はあくまでも一例です。時期やタイミングによって金額が異なりますので気になる方は気軽にお問合せ下さい。