500円玉価値

あなたが普段何気なく使用している500円玉に、額面価格以上の価値があることはご存知でしょうか?

額面価格以上で売ることができる500円玉は、昭和62年と昭和64年の500円玉となっております。

この2年で発行された500円玉の数は、他の年と比べて圧倒的に枚数が少ないので希少価値が高くなっております。

そこで本記事は、昭和62年と昭和64年の500円玉の価値とおすすめの買取業者について紹介していきます。

昭和62年と昭和64年の500円硬貨の価値とは?

硬貨の種類 買取価格
昭和62年の500円玉 1,500円
昭和64年の500円玉 1,000円

上記の表の通り、昭和62年と昭和64年の500円玉には、額面価格以上の価値があります。

その理由としては、昭和63年には約1億4800万枚以上発行されたのに対して、価値の高い昭和62年の発行枚数は277万枚、発行枚数が1604万枚となっております。

また昭和64年に関しては元号変更に伴い一週間のみの発行になり、珍しい硬貨としてコレクターからの人気も高くなっております。

ネットオークションやフリマの落札相場を見てみると、600円〜800円なので買取業者に買取してもらった方が高値で売ることができます。

500円玉の状態によっては、先ほど紹介した買取価格より上昇する可能性もありますので、丁寧に保管しなるべく早めに買取査定してもらうことをおすすめします。

【無料】500円札の買取依頼はこちら

500円プルーフセットはセットで買取を!

昭和62年に発行された500円プルーフセットは、専用のケースに入った状態で販売されました。

プルーフセットはコレクター向けに発売され、観賞用として「光沢のある硬貨」となっています。

プルーフセットの場合は、専用のケースと合わせて買取してもらうことで買取価格のアップが期待できます。

昭和62年,64年の500円硬貨の買取ならバイセル

おすすめ理由1:500円の買取実績が業界TOPクラス!

バイセルの全国で非常に人気で、土日は予約が取ることが困難なほど人気な買取業者です。その理由は、豊富な鑑定実績から生まれる鑑定眼で正確な査定が期待できるからです。

月間20,000件の買取依頼あり、豊富な買取実績から生まれる鑑識眼でどの買取業者よりも正確な査定が期待出来ます。

さらにバイセルの査定員は、独自の厳しいテストに合格した方のみ査定員として、査定することができます。

なので「査定員の質が高く買取価格もどこよりも高いので、安心して査定依頼できる」と多くの方が、査定依頼をしているようです。

おすすめ理由2:面倒な手間は一切なし!無料出張買取!

バイセルは、査定申込から取引完了までが非常にスピーディーです。ネットからの簡単申込で、自宅まで駆けつけてくれます。

出張買取と聞けば、「出張料など色々費用がかかるのでは?」と思うかもしれませんが、バイセルであれば費用は一切かかりません。

また、自宅に査定員を招くのが不安だという方には、郵送買取などさまざまな買取方法を利用できるのもバイセルの特徴です。

どんな500円硬貨でも丁寧に査定してくれるバイセルに、ぜひ一度査定依頼してみてください。

昭和62年・昭和64年の500円玉の価値を知りたい方へ

昭和62年・昭和64年の500円玉の価値について詳しく紹介してきました!

しかし500円玉を財布の中から見つけた方は、こんな風にお考えかもしれません。

  • 汚れているし傷も目立つから、買取してもらえないだろう…
  • 1枚の査定のために、時間を作るのはちょっと…

確かにこのような不安を抱くもの分かります。しかし、買取相場は一例であって、実際査定してもらうと相場以上の価値があるなんてこともあります。

私自身、「最初は汚れが目立つ500円1枚のためにと…」、査定依頼するのをためらっていましたが、無料で査定依頼できるとのことで実際に査定していただいた結果800円で買取指定いただけました。

多少のキズや汚れであれば、額面価格で買取してもらうことができますので、ぜひ一度無料査定だけでもしてもらうことをおすすめします

査定から買取まで一切費用はかかりませんので、是非バイセルに、査定依頼してみてください!

【無料】500円札の買取依頼はこちら