安政小判の価値と買取相場について紹介!

安政小判は江戸時代に発行された小判です。

日本の開国に伴い、金の外国への流出を防止する目的で鋳造されました。

しかし流出を防止することができず、多くの安政小判が外国に流出してしまいました。

そのため日本国内ではほとんど発見されておらず、価値が非常に高くなっております。

そこで本記事では、安政大判の価値・買取相場を詳しく紹介していきます。

安政大判の買取相場について紹介!

安政大判の買取相場について紹介!

買取相場 500,000円〜1,000,000円
発行枚数 不明
発行年数 1859年~1874年
品位 金56.77%、銀43.23%

安政小判の買取相場は50万円ほどとなっており、綺麗な状態であれば最大で100万円以上での買取も期待できます。

現存枚数が非常に少ないため、非常に高額で買取してもらうことができる小判となっています。

また安政小判の希少性が高いことから、贋作(偽物)も作られ出回っています。

しかし素人ではなかなか見分けることが難しいので、もし安政小判をお持ちの場合、一度専門家に査定してもらうことをおすすめします。

【無料】今すぐ査定依頼する

安政小判をお持ちの方へ

安政小判の買取価格は非常に高額となっています。

もしあなたが安政小判の買取してもらう際に、どの業者で買取してもらえば良いのかわからないのではないでしょか?

もし悪徳業者に依頼してしまった場合、本来100万円以上で売れるものが安く買い取られてしまう可能性もあります。

そんな失敗をしないために本サイトのTOPページの古銭買取おすすめ高額査定ランキング!でおすすめ買取業者を詳しく紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください!

古銭買取おすすめ業者ランキング!