【古寛永】 浅草銭の価値

寛永通宝の1種の浅草銭。

佐々木志津磨が書いたとされる、「志津磨百手」はその書体が多種で多様であることで有名です。

その書体の多様さから価値は、素人で価値を判断できる古銭ではありません。

そこで本記事では、浅草銭の価値・買取相場について紹介していきます。

浅草銭の価値・買取相場

浅草銭の価値・買取相場

買取相場 〜1,000円
発行年数 1636年
品位
質量/直径 3.2g/24mm
デザイン 寛永通宝

浅草銭の買取相場は最大で1,000円となっております。

こちらの買取相場はあくまでも相場となりますので、お持ちの浅草銭の状態によって買取価格が変わってきます。

お持ちの浅草銭の買取価格が気になる方は、ぜひ一度無料査定してもらうことをおすすめします。

浅草銭の買取をお考え中の方へ

浅草銭貨は非常に価値が高く、高額での買取が期待できる古銭となっています。

しかしお持ちの浅草銭の状態によって、買取価格が変わってきます。

もし買取を希望する方がいれば、当サイトではTOPページの古銭買取おすすめ高額査定ランキング!でおすすめ業者を徹底紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

古銭買取おすすめ業者ランキング!