江戸横浜通用札

江戸関八州通用札は、幕府の財政を補填するために三井財閥によって作られた金札です。

そんな江戸関八州通用札は、発行枚数も少なかったため、希少価値が高くなっています。

そこで、本記事では江戸関八州通用札の価値・買取相場について詳しく紹介していきます。

江戸関八州通用札の価値と買取相場

江戸関八州通用札の価値と買取相場

買取相場 〜100万円
発行年数 1867年
発行枚数 不明
額面価格 200両・100両・50両・25両・1両

江戸横浜通用札の買取相場は最大で50万円ほどとなっております。

額面価格は「200両・100両・50両・25両・1両」の5種類が発行されており、200両の金札の価値が1番高くなっております。

また最も価値の低い1両江戸横浜通用札でも、20万円ほどの価値があるとされております。

お持ちの江戸横浜通用札の価値が気になったら、一度専門家に査定してもらうことをおすすめします。