富士一銭アルミ貨

1941年から1943年にかけて発行された富士一銭アルミ貨。

太平洋戦争でアルミニウム素材が大量に使われため、カラス一銭アルミ貨からアルミニウムの量を減らして発行された硬貨となります。

1943年にはアルミニウムの量を0.65gから0.55gへとさらに減らされ、その後鋳造が中止されました。

そんな富士一銭アルミ貨の価値がきになる方のために、価値から買取相場まで詳しく紹介していきます。

富士一銭アルミ貨の買取相場を紹介

富士一銭アルミ貨の買取相場

発行年数 1941年から1943年
大きさ 16mm
量目 0,65g
素材 アルミ
発行年数
買取価格(使用済)
買取相場(未使用)
1941年 100円 200円
1942年 100円 200円
1943年 100円 200円

富士一銭アルミ貨の買取相場は最大で200円となっております。

こちらの買取相場はあくまでも相場となりますので、お持ちの富士一銭アルミ貨の状態によって買取価格が変わってきます。

お持ちの富士一銭アルミ貨の買取価格がきになる方は、ぜひ一度無料査定してもらうことをおすすめします。

富士一銭アルミ貨の買取をお考え中の方へ

富士一銭アルミ貨は非常に価値が高く、高額での買取が期待できる古銭となっています。

しかしお持ちの富士一銭アルミ貨の状態によって、買取価格が変わってきます。

もし買取を希望する方がいれば、当サイトではTOPページの古銭買取おすすめ高額査定ランキング!でおすすめ業者を徹底紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

古銭買取おすすめ業者ランキング!