元文小判の価値と買取相場

元文小判は、江戸時代の1736年から1827年の間に発行された小判です。

元文小判が鋳造されていた頃の江戸幕府の将軍は、徳川吉宗でした。

そんな時代に発行された元文小判は、価値が非常に高く希少性の高い小判となっています。

そこで本記事では、元文小判の価値・買取相場について詳しく紹介していきます

元文小判の価値・買取相場

元文小判の価値と買取相場

買取相場 〜100万円
品位 金65.31%、銀34.41%
発行年数 1736年~1827年

元文小判の買取相場は、最大で100万ほどとなっています。

小判に押された2つの印の組み合わせが「大吉、小吉、堺長、馬神、久吉、守神、久長」となっている場合には、縁起物の「七福小判」とされ、買取価格が高くなります。

もしお持ちの元文小判の価値・買取相場が気になる方は、下記より無料査定してもらうことをおすすめします。

【無料】今すぐ無料査定する

元文小判の買取をお考え中の方へ

元文小判の買取相場は、100,000〜499,999円と非常に高額となっています。

現在は50万円前後の買取価格がついていますが、数年後には価値が全くないなんてことも考えられます。

もし元文小判をコレクターとして集めていないのであれば、無料査定してもらい価値だけでも確かめることをおすすめします。

もし提示された買取価格に納得できなければ、買取をキャンセルすることもできます。

もちろんキャンセル料もかかりません。

本サイトでは、元文小判だけでなく古銭買取おすすめ業者をTOPページの古銭買取おすすめ高額査定ランキング!で詳しく紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

古銭買取おすすめ業者ランキング!