元和通宝の驚きの価値・買取相場

元和通宝(げんなつうほう)は、江戸時代に使われていたお金ですが謎の多い古銭として有名です。

1615年か1616年につくられたとされていますが、正確な記録が残っておらず、また誰が何のために作ったのかもはっきりしていません。

現在、元和通宝はほとんど見つかっておらず、流通しなかったのではないかとも考えられています。

そこで本記事では、元和通宝の価値・買取相場について詳しく紹介していきます。

元和通宝の価値・買取相場とは?

元和通宝の価値・買取相場

買取相場 30万円~100万円
発行年数 1617年
発行枚数 不明
品位 銀/銅
質量/直径 2.6g/23mm

元和通宝の買取相場は、30万円〜100万円の価値があります。

元和通宝は鋳造枚数が少ないとされているため価値が高く、その中でも綺麗な状態であれば100万円など高値で買い取ってくれる可能性があります。

また元和通宝には「大字」や「小字」と呼ばれる種類があり、元和通宝に書かれた文字の大きさが通常と異なるものを指します。

文字の大きさが違うだけで、買取価格は大幅に変わりますが、素人では見分けることが難しいとされています。

もし、元和通宝をお持ちの場合はプロの鑑定士にいる買取業者に査定してもらうことをおすすめします。

元和通宝の買取をお考え中の方へ

元和通宝の価値が高く、最大で100万円ほどで買取が期待できる古銭となっています。

少しでも価値・買取価格が気になった方は、お持ちの元和通宝の価値を簡単に査定してもらうことができます。

もし買取を希望する方がいれば、当サイトではTOPページの古銭買取おすすめ高額査定ランキング!でおすすめ業者を徹底紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

古銭買取おすすめ業者ランキング!