宝永小判の価値と買取相場について解説!

宝永小判とは、1710年から1913年の間に製造された小判です。

これまでの小判は金の含有量が少なく耐久性に問題があり、対策のために作れたのが宝永小判です。

その特徴は、金の含有量を増やすことで耐久性をあげましたが、これまでの小判と比べて一回り小さめに作られています。

そんな宝永小判は金の含有量が多いことと、歴史的価値のある小判として非常に高値で取引されています。

本記事では、そんな宝永小判の価値・買取相場を詳しく紹介していきます。

宝永小判の買取相場を紹介!

宝永小判の買取相場を紹介!

買取相場 〜1,000,000円
発行枚数 不明
発行年数 1710年から1913年
品位 k20相当

宝永小判の買取相場は、1,000,000円と非常に高額で買取してもらえる可能性があります。

またその理由は歴史的価値が非常に高く希少性が高いため、そのような価格で買取されています。

また宝永小判をお持ちであれば、丁寧に扱うことをおすすめします。

宝永小判をはじめ多くの小判は、綺麗な状態で保存されていることで価値・買取相場は上昇します。

もし宝永小判をお持ちであれば、いますぐ査定してもらうことをおすすめます。

【無料】今すぐ査定依頼する

宝永小判をお持ちの方へ

宝永小判の買取価格は非常に高額となっています。

もしあなたが実際に宝永小判の買取してもらう際には、どの業者で買取してもらえば良いのかわからないのではないでしょか?

もし悪徳業者に依頼してしまった場合、本来100万円以上で売れるものが安く買い取られてしまう可能性もあります。

そんな失敗をしないために本サイトのTOPページの古銭買取おすすめ高額査定ランキング!でおすすめ買取業者を詳しく紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください!

古銭買取おすすめ業者ランキング!