つくば国際科学技術博覧会

国際科学技術博覧会記念硬貨は、つくば国際科学技術博覧会を記念して発行された記念硬貨です。

1985年3月12日に発行され、「通常版」「会場限定ミントセット」「通常ミントセット」の3種類があります。

そこで本記事では、国際科学技術博覧会記念硬貨の価値・買取相場について詳しく紹介していきます。

国際科学技術博覧会記念硬貨の買取相場一覧

国際科学技術博覧会記念硬貨500円白銅貨 買取相場:1,500円
国際科学技術博覧会(会場限定)ミントセット 買取相場:3,000円
国際科学技術博覧会(通常)ミントセット 買取相場:2,000円

国際科学技術博覧会記念硬貨の買取相場は上記の表のようになっております。

3種類ともに額面価格以上の価値があり、非常に高値で買取してもらうことができます。

とくに「会場限定版」のミントセットに関しては、発行枚数が10万枚と少ないため、希少価値が高くなっております。

お持ちの国際科学技術博覧会記念硬貨が不要であれば、専門家に買取してもらうことをおすすめします。

>>【無料】国際科学技術博覧会記念硬貨の買取依頼はこちら

国際科学技術博覧会記念硬貨の価値と概要

1985年に開催された「国際科学技術博覧会」は、茨城県のつくば市で開催された為に「つくば博」とも呼ばれております。

1970年に開催された大阪万博、1975年開催の沖縄海洋博に続いて日本で3番目に開かれた万博となります。

開催期間は1985年3月17日から9月16日までで48ヵ国と37の国際機関が参加しました。

入場者数も2033万余りと、当時の特別博覧会史上において最高入場者数を記録しています。

国際科学技術博覧会記念硬貨500円白銅貨

国際科学技術博覧会記念硬貨の買取相場

買取相場 〜1,500円
質量/直径 13g/30mm
品位 銅:750/ニッケル:250
発行枚数 7000万枚

国際科学技術博覧会記念硬貨500円白銅貨の買取相場は、最大で1,500円ほどとなっています。

発行枚数が7000万枚と非常に多いためそれほど希少価値は高くありませんが、額面価格の3倍ほどの価値があります。

デザインとしては表に「筑波山と茨城県の県木に制定されている梅」が描かれており、裏には「科学技術博のシンボルマークとTSUKUBAEXPO85」が描かれております。

国際科学技術博覧会(会場限定)ミントセット

国際科学技術博覧会(会場限定)ミントセットの買取相場

買取相場 〜3,000円
発行枚数 10万枚
セット内容 国際科学技術博覧会記念500円白銅貨、500円硬貨、
100円硬貨、100円硬貨、50円硬貨、
10円硬貨、5円硬貨、1円硬貨、干支図案年銘板

EXPO会場のみで販売されたミントセットは発行枚数10万枚と少なく、希少価値が高い記念硬貨のセットです。

会場限定ミントセットは、全ての硬貨が揃っていることや箱の状態が綺麗であれば、最大で3,000円ほどで買取してもらうことができます。

国際科学技術博覧会(通常)ミントセット

国際科学技術博覧会(通常)ミントセットの買取相場

買取相場 〜2,000円
発行枚数 72万枚
セット内容 国際科学技術博覧会記念500円白銅貨、500円硬貨、
100円硬貨、100円硬貨、50円硬貨、
10円硬貨、5円硬貨、1円硬貨、干支図案年銘板

EXPO会場以外で購入することができた通常のミントセットの発行枚数は、72万枚発行されています。

そのため希少価値がそれほど高くなく、1,500円ほどで買取してもらえる可能性があります。

【無料】国際科学技術博覧会記念硬貨の買取依頼はこちら

国際科学技術博覧会記念硬貨の買取をお考え中の方へ

国際科学技術博覧会記念硬貨の価値について紹介してきました!

国際科学技術博覧会記念硬貨をもし見つけたらプロの鑑定士に査定を依頼してください。

「見つけたけど、査定してもらわないで取っておく」ともったいないですよ。

思い出したころには価値がほとんどない…ってことなんてよくあります!

せっかくなら高値がつく可能性があるうち査定だけでもしてもらいましょう。

買取価格だけ聞いて、売るもよし売らないもよし!気になる方はぜひ無料査定をしてもらってみてください!

【無料】国際科学技術博覧会記念硬貨買取依頼はこちら