乾元大宝の買取額はいくら?

乾元大宝(かんげんたいほう)とは958年に、平安時代に中央政府が公式に鋳造、発行された最後の銭貨です。

皇朝十二銭のひとつで『日本紀略』には、「改銭貨文延喜通寳、為乾元大寳」と書かれています。

品質が非常に悪いため、現代では劣化が激しくその文字が読み取れないこともあります。

そんな乾元大宝は、劣化していたり、文字が読めない状態の古銭でも数十万円の価値となる可能性があります。

そこで本記事では、乾元大宝の価値・買取相場について詳しく紹介してきます。

乾元大宝の買取相場を紹介

乾元大宝(通常版)買取相場

絵柄
買取相場
乾元大宝 10万円〜100万円

乾元大宝の買取相場は、10万円〜100万円と非常に高額買取が期待できる古銭となっております。

上記の画像のような綺麗な状態で見つかれば、現在の買取相場は最高約1,000,000円にもなります。

ほとんどの乾元大宝は綺麗な状態で見つかることがないので、綺麗な状態であるほほど買取価格が高くなる可能性があります。

乾元大宝(汚れあり)買取相場

絵柄
買取相場
一部欠けた乾元大宝 〜10万円

上記の画像のように一部欠けていたり、汚れが目立っていても10万円〜30万円ほどで買取をしてもらうことが可能です。

ボロボロであったりしても、買取業者に依頼すれば高値で買取してもらうことができるので、ぜひ一度無料査定してもらうことをおすすめします。

乾元大宝を高値で買取してもらうためには?

乾元大宝を高値で買取してもらうためには、正しい方法で売る・買取してもらう必要があります。

「オークションであれば、自分自身で売り値を決められるため高く売れるのでは?」と思う方も多くいらっしゃいます。

実際、乾元大宝だけでなく多くの古銭も出品されていますが、ネットオークションではあなたの思うような価格で売ることができません。

オークションを利用する人は少しでも安く買おうとするため、「なかなか売れず売れるまで価格を下げてしまう」可能性があります。

だから、あなた自身の思うような価格で売ることができません。

もし乾元大宝の買取を希望するのであれば、古銭買取業者に買取してもらうことをおすすめします。

乾元大宝の買取をお考え中の方へ

乾元大宝は非常に価値が高く、高額での買取が期待できる古銭となっています。

しかしお持ちの乾元大宝の状態によって、買取価格が変わってきます。

もし買取を希望する方がいれば、当サイトではTOPページの古銭買取おすすめ高額査定ランキング!でおすすめ業者を徹底紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

古銭買取おすすめ業者ランキング!