【新寛永】石ノ巻銭

石ノ巻銭は、1728年ごろに現在の仙台、石ノ巻周辺で鋳造されたため、石ノ巻銭と呼ばれております。

そんな石ノ巻銭は、寛永通宝の1種類で古銭の背面に「仙」という文字が書かれているのが特徴です。

そこで本記事では、石ノ巻銭の価値について詳しく紹介していきます。

石ノ巻銭の価値・買取相場について

石ノ巻銭の価値・買取相場

買取相場 〜1,000円
発行時代 1728年/江戸時代
発行枚数 不明
品位  鉄

石ノ巻銭は発行枚数が不明ですが、寛永通宝の中では価値が高く買取相場は最大10,000円ほどとなっています。

しかし綺麗な状態で見つかることがほとんどないため、古銭の状態によっては高値で買取してもらうことが可能な古銭です。

もし石ノ巻銭をお持ちであれば、ぜひ一度無料査定してもらうことをおすすめします。

石ノ巻銭の価値を知りたい方へ

石ノ巻銭は価値の高い古銭となっており、状態によっては先ほど紹介した相場より高値で買取が期待できます。

少しでも価値・買取価格が気になった方は、お持ちの石ノ巻銭の価値を実際に確かめてみることをおすすめします。

もし買取を希望する方がいれば、当サイトではTOPページの古銭買取おすすめ高額査定ランキング!でおすすめ業者を徹底紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

古銭買取おすすめ業者ランキング!