カラス一銭黄銅貨

カラス一銭黄銅貨は、1938年に発行された黄銅貨です。

青銅から黄銅へと変更された硬貨で、デザインは表面が「波と八稜鏡に菊と桐の紋章」、裏面には「桜花の背景に八咫カラス」が描かれています。

そんなカラス一銭黄銅貨は、価値が高く高値で買取してもらうことができる硬貨となっています。

そこで本記事では、カラス一銭黄銅貨の買取相場について詳しく紹介していきます。

カラス一銭黄銅貨の買取相場

カラス一銭黄銅貨の買取相場

買取相場 〜10,000円
発行年数 1938年
発行枚数 不明
品位  黄銅

カラス一銭黄銅貨の買取相場は、最大で10,000円ほどとなっております。

しかし状態が綺麗なものであれば、買取価格は大化けする可能性もあります。

お持ちのカラス一銭黄銅貨の状態によって変動し、美品と使用済みであれば買取価格に大きな差が生まれます。

もしカラス一銭黄銅貨の価値・買取価格が気になる方は、一度無料査定してもらうことをおすすめします。

カラス一銭黄銅貨の買取をお考え中の方へ

カラス一銭黄銅貨の価値が一般的にはそれほど高くありませんが、状態によっては高額買取が期待できる古銭となっています。

少しでも価値・買取価格が気になった方は、お持ちのカラス一銭黄銅貨の価値を実際に確かめてみることをおすすめします。

もし買取を希望する方がいれば、当サイトではTOPページの古銭買取おすすめ高額査定ランキング!でおすすめ業者を徹底紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

古銭買取おすすめ業者ランキング!