明暦大判金の価値・買取相場を紹介!

明暦3年(1657年)に起きた明暦の大火は、江戸城の天守から御金蔵までに及び、御金蔵は大きな被害を受けました。

明暦の大火によって御金蔵の溶けた金銀を鋳造し直す必要が生じ、その際に鋳造し直された大判が、明暦大判と呼ばれています。

そんな明暦大判は価値が非常に高く、高値で取引されています。

そこで本記事では、明暦大判の価値・買取相場について詳しく紹介していきます。

明暦大判の・価値・買取相場を紹介!

明暦大判の・価値・買取相場を紹介!

買取相場 〜1,000,000円
発行枚数 不明
発行年数 明暦4年 / 1658年 /

明暦大判の買取相場は、1,000,000円〜と非常に高額となっています。

また明暦大判には、3種類に分けることができます。その特徴を下記に簡単にまとめてみました。

種類
ポイント
明暦判 裏面に「久・七・新」または「九・七・竹」の極印が打たれ、現存数は慶長大判の中ではこの明暦判が最も多い。
三ツ極印 京都の大判座で明暦年間以降に鋳造。裏面に「弥・七・九」、「次・七・九」、「坂・七・九」、「弥・七・新」のいずれかの極印が打たれている。
四ツ極印 京都の大判座で明暦年間以降に鋳造。裏面に「次・七・源・九」、「坂・七・源・九」、「弥・七・源・九」のいずれかの極印が打たれている。

このように明暦大判を分類することができますが、どれも高額で買取してもらうことができます。

ぜひ、一度無料査定してもらうことをおすすめします。

【無料】今すぐ査定依頼する

明暦大判をお持ちの方へ

明暦大判の買取価格は非常に高額となっています。

もしあなたが実際に明暦大判の買取してもらう際には、どの業者で買取してもらえば良いのかわからないのではないでしょか?

もし悪徳業者に依頼してしまった場合、本来100万円以上で売れるものが安く買い取られてしまう可能性もあります。

そんな失敗をしないために、本サイトのTOPページの古銭買取おすすめ高額査定ランキング!でおすすめ買取業者を詳しく紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください!

古銭買取おすすめ業者ランキング!