無文銀銭はいくらで買取ってくれる?

少し前まで日本で一番古いお金なのでは?と言われていた和同開珎や富本銭よりも古いお金として見つかった、無文銀銭。

関西地方を中心に見つかっていますが、現在数百枚しか見つかっていません。

そのため正確な買取額はわかりません。

これまで一番古いとされていた和同開珎、富本銭は100万円以上の価値があります。

この2つより古く、現在ほとんど見つかっていないことを考えるとそれ以上の価値がつくのではないでしょうか?

一説では、1,000万円以上の価値があるのではといわれています。

無文銀銭をもっているのなら、ほとんど見つかっていない今査定だけしてもらうことをおすすめします。

無文銀銭の買取相場と概要について

無文銀銭
買取価格
無文銀銭 1,000万円?

買取相場と概要詳細

無文銀銭は、近江朝時代(667年~672年)に発行され、日本で一番古い古銭といわれています。

これまでに大和、近江、摂津・河内・山城・伊勢の地域で約120枚見つかっています。

無文銀銭のほとんどは真ん中に小さな穴が開いており、他の古銭違って「文字」などは書かれていません。

しかし、見つかったものの中の一部に、「高志」「伴」「大」と書かれたものも見つかっています。

無文銀銭の損しない売り方を紹介!

「ネットオークションに出せば自分で売り値を決められるから高く売れるのでは?」と思う方も多いようです!

実際、多くの古銭も出品されています。

無文銀銭は絶対にオークションに出してはいけません。

素人から見れば、無文銀銭はガラクタみたいなものなんです。

美しいデザインをしているわけではないので、ほとんどの人が無文銀銭の価値をわかりません。

だから、ネットオークションに出品するほど勿体ないことはありません!

無文銀銭を売りたいと思う方は、プロの業者に買取ってもらうようにしましょう!

そうすれば、しっかりと価値を判断してくれるので、1,000万円以上で買い取ってくれる可能性があります

無文銀銭の買取を希望する方はおすすめの業者はこちらで紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

無文銀銭の買取を希望する方へ

  • 本当にこんなのに価値なんてあるの?
  • こんなに汚れていて本当に買い取ってくれるの?
  • もし買取額がつかなかったら、手間もかかるし買取が面倒…

こんなこと思っている方はいませんか?

それは勿体ないですよ!

確かに、少し時間を取られてしまうので面倒かもしれません…

しかし、査定に費用がかかることはないのでぜひ査定だけでもすることをおすすめします。

せっかく1,000万円になるかもしれないのに、ずっとタンスしまっておくのはもったいないです。

査定してもらったからと言って、必ず売らなければいけないわけではありません。

ぜひ、プロの業者に査定だけでもしてもらいましょう。

バイセル公式サイトはこちら