武蔵墨書小判の価値

武蔵墨書小判は1595年(文禄4年)に製造された小判になります。

慶長小判の親とも言える金貨で、駿河墨書小判と並び、日本で最古の小判とされています。

武蔵墨書小判の特徴としては、表面のに「武蔵壹两光次」の文字が刻印されているためです。

そんな武蔵墨書小判は、改造された金貨の1つで現存枚数も少なく、希少価値の高い古銭の1つです。

そこで本記事では、武蔵墨書小判の価値・買取相場について詳しく紹介していきます。

武蔵墨書小判の価値・買取相場

武蔵墨書小判の価値・買取相場

買取相場 1,000,000円〜
発行時代 1595年(安土桃山時代)
発行枚数 不明
品位  金

武蔵墨書小判は現存枚数が非常に少なく、これまでに買取市場に出回っていないため買取価格は100万円以上となっております。

もし武蔵墨書小判をお持ちであれば、ぜひ一度無料査定してもらうことをおすすめします。

武蔵墨書小判の価値・買取価格を知りたい方へ

武蔵墨書小判の価値は小判の中では価値の高い古銭となっており、状態によっては先ほど紹介した相場より高値で買取が期待できます。

少しでも価値・買取価格が気になった方は、お持ちの武蔵墨書小判の価値を実際に確かめてみることをおすすめします。

もし買取を希望する方がいれば、当サイトではTOPページの古銭買取おすすめ高額査定ランキング!でおすすめ業者を徹底紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

古銭買取おすすめ業者ランキング!