プレミア硬貨の価値

プレミア硬貨とは額面価格以上の価値のある硬貨で、希少価値が高いため高値で取引されております。

そんなプレミア硬貨は現在発行されている小銭(1円玉・5円玉など)にも存在しており、小銭が1枚10万円になることもよくあります。

そこで本記事は、プレミア硬貨の種類とその価値について詳しく紹介していきたいと思います。

プレミア硬貨って何?どんな価値があるの?

プレミア硬貨とは、1円・5円・50円・500円玉などの現代貨幣の中でも価値が高く、額面を上回る金額で取引される硬貨を指します。

そんなプレミア硬貨と呼ばれる硬貨には、下記のような条件があります。

  • 条件1:発行枚数の少ない硬貨
  • 条件2:エラー硬貨
  • 条件3:何らかの記念に作られた硬貨

これらの条件に1つでも当てはまる硬貨は、プレミア硬貨と呼ばれており高値で取引されております。

特に「発行枚数の少ない硬貨」については、皆さんが普段何気なく使用している小銭の中に紛れている可能性が非常に高いです。

では、次に上記の条件に当てはまる硬貨の価値について詳しく紹介していきます。

発行枚数の少ない硬貨の価値は?

発行枚数が少ない硬貨とは、例えば「ある年に発行された1円玉の数が前後の年などと比較して少ない」ものを指し。希少価値が高くなります。

そんな発行枚数が少ない硬貨は、1円玉〜500円玉の全ての硬貨で存在して高値で買取してもらうできます。

プレミア価値のある1円玉は?

プレミア価値のある1円玉

発行年代
買取価格
発行枚数
平成13年 〜100円 8,024,000枚
平成14年 〜100円 9,667,000枚
平成23年 1,000円 456,000枚
平成24年 〜500円 659,000枚
平成25年 〜500円 554,000枚
平成28年 〜500円 574,000枚

平成23年~25年、28年に発行された1円銀貨には、非常に高い価値があります。

1円玉は多い年では、1千万枚以上発行されておりますので、それと比べると上記の年は発行枚数が少なくなっています。

価値の高い1円玉には比較的最近発行された1円もあり、たった1枚の1円玉が最大で1,000円になるなんて驚きですよね!

上記の表で紹介した発行年数の1円銀貨をお持ちであれば、ぜひ買取してもらうことをおすすめします!

プレミア価値のある5円玉は?

プレミア価値のある5円玉

発行年代
買取価格
発行枚数
平成22~25年 〜2,000円 約50万枚
平成64年 〜1,000円 約600万枚
平成18年~20年 〜300円 約900万枚

平成22年~25年、発行された5円銀貨には非常に高い価値があります。

最も多く発行された年と比較すると、10分の1ほどの量しか発行されておりません。

5年ほど前に製造された5円玉のたった1枚の価値が、最大で2,000円以上の価値があるので、ぜひ買取してもらうことをおすすめします

価値の高い10円玉は?

プレミア価値のある10円玉

発行年代
買取価格
発行枚数
昭和32年 〜300円 約5,000万枚
昭和33年 〜500円 約2,500万枚
昭和34年 〜300円 約6,000万枚
昭和64年 〜300円 約7,000万枚
平成21年~平成25年 〜1,500円 約3,000万枚

10円玉で価値が高いのは、平成21年~25年に発行された硬貨で、その価値はなんと1枚2,000円以上になります。

その他にもギザ10と呼ばれる10円玉にも高い価値がありますので、ぜひ一度査定してもらうことをおすすめします。

プレミア価値のある50円玉は?

プレミア価値のある50円玉

発行年代
買取価格
発行枚数
昭和62年 〜5,000円 約70万枚
平成22年~25年 〜2,000円 約50万枚
平成12年~13年 〜100円 約100万枚

50円玉で価値が高いのは、昭和62年に発行された硬貨で、その価値はなんと1枚5,000円以上になります。

5円玉と同様に発行枚数が少ない硬貨のうちの一つでプレミアが付きやすいですが、市場には出回ってない年代も多数あるため、一度お持ちの50円玉を全て査定
してもらうことをおすすめします。

プレミア価値のある100円玉は?

プレミア価値のある100円玉

発行年代
買取価格
発行枚数
平成13年 〜150円 約800万枚
平成14年 〜110円 約1,000万枚

100円玉で価値が高いのは、平成13、14年に発行された硬貨で、その価値はなんと1枚130円ほどになります。

他の硬貨と比べて発行枚数が多いのか、年代によって価値の差があまりなく基本的には額面価格での買取となるようです。

プレミア価値のある500円玉は?

プレミア価値のある500円玉

発行年代
買取価格
発行枚数
昭和62年 〜2,000円 約200万枚
昭和64年 〜600円 約1,600万枚

500円玉で価値が高いのは、昭和62年に発行された硬貨で、その価値はなんと1枚2,000円ほどになります。

500円玉も昭和62年以外はそれほど価値は高くなく、額面価格と同等程度の価値となるようです。

昭和62年の500円玉をお持ちであれば、買取してもらうことをおすすめします。

ギザ10の驚きの価値とは?

ギザ10が発行されていたのは、昭和26年から昭和33年の7年間です。

そして発行された年によって発行枚数が異なるため、価値も変わってきます。

製造年数
発行枚数
価値(綺麗な状態)
昭和26年 1億106万枚 〜5万円
昭和27年 1億8663万枚 〜2万円
昭和28年 4億6630万枚 〜2万円
昭和29年 5億2090万枚 〜2万円
昭和30年 1億2310万枚 〜3万円
昭和31年 製造なし
昭和32年 5000万枚 〜7万円
昭和33年 2500万枚 〜10万円

昭和26年から33年発行の綺麗な状態のギザ10には、最低でも1万円以上、最大で10万円ほどの価値がつくようです。

側面に132個の溝が彫られているため、ギザ10と呼ばれています。

ギザ10に関しては、未使用で綺麗な状態であればあるほど買取価格は高くなりますので、丁寧に保管するようにしましょう

たった1枚の10円が、10万円もの価値がありますので、ぜひ買取してもらうことをおすすめします。

エラー硬貨とその価値と買取価格は?

エラー硬貨とは、本来の硬貨の形となんらかの理由で形が異なる硬貨を指します。

エラー硬貨は現在でも多くのコレクターの間で人気となっており、高値で買取してもらうことができます。

ではエラー硬貨について詳しく紹介していきます。

種類 買取相場
穴なし50えん 〜25万円
穴なし:5円、50円玉の真ん中の穴が開いていない。
穴ずれ50円 〜10万円
穴ズレ:5円、50円玉の真ん中の穴の位置がズレている。
表と裏のデザインが一緒の硬貨 〜30万円
影打ち:全ての硬貨で、表と裏のデザインが一緒の硬貨
全ての硬貨で、表と裏のデザインが一緒の硬貨 5万円
刻印ずれ(傾打ずれ):表もしくは裏のデザインの位置がズレている
ヘゲエラーコイン 〜1万円
ヘゲ:コインの金属表面がめくれた状態で刻印されてしまった硬貨

エラー硬貨の価値は最大で30万円ほどとなっております。

その中でも穴なしのエラーコインについてはすぐに判別することができますが、穴のズレやデザインの位置ズレに関しては、パッと見ただけでは判断できないものもあります。

特にデザインズレに関しては、1ミリでもズレていればエラー硬貨となり高値で買取をしてもらうことができます。

素人では判断できないエラーになるので、少しでも気になった方は一度専門家に査定してもらうことをおすすめします。

プレミア記念硬貨の種類とその買取相場

天皇陛下御在位60年記念10万円金貨
日本万国博覧会記念メダルセット
地方自治法施行60周年記念貨幣
天皇陛下御在位60年記念10万円金貨の写真 日本万国博覧会記念メダルセットの写真 地方自治法施行60周年記念貨幣の写真
買取相場:15万円〜
買取相場:5万円〜
買取相場:各5,000円〜
2002FIFAワールドカップ記念金貨
天皇陛下御在位10年記念硬貨
通常プルーフ貨幣セット
2002FIFAワールドカップ記念金貨の写真 天皇陛下御在位10年記念硬貨 通常プルーフ貨幣セットの写真
買取相場:10万円〜
買取相場:5万円〜
買取相場:5千円
天皇陛下御即位記念硬貨
裁判所制度100周年記念硬貨
議会開設100周年記念硬貨
天皇陛下御即位記念硬貨 裁判所制度100周年記念硬貨 議会開設100周年記念硬貨
買取相場:15万円
買取相場:8千円
買取相場:8千円
沖縄復帰20周年記念硬貨
皇太子殿下御成婚記念硬貨
長野オリンピック記念1万円金貨
沖縄復帰20周年記念硬貨 皇太子殿下御成婚記念硬貨 長野オリンピック記念1万円金貨
買取相場:1千円
買取相場:8万円
買取相場:8万円
第5回アジア冬季競技大会記念硬貨
奄美群島復帰50周年記念硬貨
東日本大震災復興事業記念1万円金貨
第5回アジア冬季競技大会記念硬貨 奄美群島復帰50周年記念硬貨 東日本大震災復興事業記念1万円金貨
買取相場:15万円〜
買取相場:5千円〜
買取相場:6万円

これまで数多くの記念硬貨が発行されており、現在どれも額面価格で買取してもらうことができます。

その中でも上記で紹介した記念硬貨は額面価格の数十倍以上で買取してもらうことができ、特に「天皇陛下御在位10年記念硬貨や第5回アジア冬季競技大会記念硬貨」の買取価格は10万円以上となっております。

記念硬貨は発行枚数が決められた状態で発行されますので、手に入れることができない人も出てくるため希少価値が高くなります。

現在では、どの記念硬貨も額面価格以上で買取してもらうことができるので、お持ちの記念硬貨が不要であればぜひ買取してもらうことをおすすめします。

【プレミア硬貨】査定・買取ならバイセル

理由1:プレミア硬貨の買取実績が業界TOPクラス!

バイセルの全国で非常に人気で、土日は予約が取ることが困難なほど人気な買取業者です。その理由は、豊富な鑑定実績から生まれる鑑定眼で正確な査定が期待できるからです。

月間20,000件の買取依頼あり、豊富な買取実績から生まれる鑑識眼でどの買取業者よりも正確な査定が期待出来ます。

さらにバイセルの査定員は、独自の厳しいテストに合格した方のみ査定員として、査定することができます。

なので「査定員の質が高く買取価格もどこよりも高いので、安心して査定依頼できる」と多くの方が、査定依頼をしているようです。

理由2:面倒な手間は一切なし!無料出張買取!

バイセルは、査定申込から取引完了までが非常にスピーディーです。ネットからの簡単申込で、自宅まで駆けつけてくれます。

出張買取と聞けば、「出張料など色々費用がかかるのでは?」と思うかもしれませんが、バイセルであれば費用は一切かかりません。

また、自宅に査定員を招くのが不安だという方には、郵送買取などさまざまな買取方法を利用できるのもバイセルの特徴です。

どんな古銭買取でも丁寧に対応してくれるバイセルに、ぜひ一度査定依頼してみてください。

理由3:アフターフォロー体制も万全で安心!

利用者に最後まで納得・満足した取引を行ってもらうために、バイセル独自の「フォローコール」があります。

  • 査定内容に関する説明がしっかりされたか
  • 査定員のサービスの質は十分だったか
  • 査定額に納得しているか

査定したスタッフにその場で直接言いづらい上記の内容について、査定員が帰宅後にバイセルの本社の社員の方より電話で質問されます。

もし、査定内容の疑問点や査定員のサービスに不満があれば、「フォローコール」で気軽に相談できます。

それだけでなく、「フォローコール」で取引のキャンセルも行えます。もしその場では気まずくて「売らないです」と言えない方は、この電話でキャンセルすることも可能です。

バイセル公式サイトはこちら

プレミア硬貨の価値を知りたい方へ

プレミア硬貨は希少価値が高く買取価格も高いのですが、すでに財布の中にあるかもしれません。

しかしプレミア硬貨を持っていると気づいた多くの方は、こんなことを思っているようです。

  • 汚れているし自分の硬貨には価値がなさそうだから、買取してもらう手間が面倒…
  • 持っているプレミア硬貨に30万円以上の価値なんて絶対にない

確かにこのような不安を抱くもの分かります。しかし、買取相場や先ほど紹介した高値のつく条件は一例であって、実際査定してもらうと相場以上の価値があるなんてこともあります。

私自身、「最初は価値がなさそうな小銭1枚のためにと…」、査定依頼するのをためらっていましたが、無料で査定依頼できるとのことでダメもとで依頼しました。

実際に査定していただいた結果をみて、ネットに書かれている相場などを全て信じるのではなく、あなた自身で価値を確かめるべきだと思いました。

今、プレミア硬貨の査定依頼をするか迷っているのであれば、無料で査定してくれるので、ぜひ査定依頼してみてください。

査定から買取まで一切費用はかかりませんし、もし、買取額に満足できなければ、キャンセルすれば良いだけです。

もちろんキャンセル料もかかりません。是非バイセルに、査定依頼してみてください!

【無料】プレミア硬貨の買取依頼はこちら