琉球通宝の価値・買取相場

琉球通宝(りゅうきゅうつうほう)とは、文久年間に薩摩藩が琉球救済を名目に鋳造した地方貨幣銅銭です。

そんな、琉球通宝には「當百」と「半朱」の2種類があります。

ほとんどの古銭の金や銀で作られているのに対して、琉球通宝は鉛で作られているためそれほど価値が高くありません。

しかしそれでも古銭ということで、ある程度の金額では、買取してもらうことができます。

そこで本記事では、琉球通宝の価値・買取相場について詳しく紹介していきます。

琉球通宝の価値・買取相場を紹介!

琉球通宝「當百」の価値・買取相場

琉球通宝「當百」の価値・買取相場

買取相場 〜20,000円
発行年数 1862年
発行枚数 不明
品位

琉球通宝「當百」の買取相場は、最大で20,000円ほどとなっています。

デザインは表面に「琉球通宝」、裏面に「當百」という文字が書かれています。

量目は20.6グラムで、黒味を帯びているため鉛の含有量が高いのが特徴の古銭です。

文久3年(1863年)7月の薩英戦争までに半朱を含めて30万両の大銭を鋳造し、戦後も日々7,000両余鋳造されたと言われています。

鉛の含有量が多いこと、鋳造枚数が多いことから、買取相場が10,000円〜20,000円となっています。

琉球通宝「半朱」の価値・買取相場

琉球通宝「半朱」の価値・買取相場

買取相場 〜30,000円
発行年数 1862年
発行枚数 不明
品位

琉球通宝「半朱」の価値・買取相場は、最大で30,000円となっています。

デザインは表面に篆書体で「琉球通寶」、裏面に「半朱」と書かれています。

また文久3年(1863年)に鋳造され、當百文銭の2倍の価格が設定されていたと言われています。

量目は30~32グラムであり、金當百文銭と同様に黒味を帯びており鉛の含有量が高いのが特徴です。

琉球通宝でプレミア価値がつくものは?

琉球通宝の「當百」と「半朱」には、左右側面に「サ」の極印がある古銭がほとんどとなっております。

しかし古銭の側面に、「サ」以外の文字が極印がされているものがあり、「山」や「桐」といった文字が極印されている琉球通宝は高値で買取をしてもらうことが期待できます。

「サ」を含め、「山」「桐」などすべて文字は汚れや傷で判別できないことがほとんどなので、しっかりと見分けられてもらうことのできる専門家に査定してもらうことをおすすめします。

琉球通宝の買取をお考え中の方へ

琉球通宝の価値が高く、1万円以上で買取が期待できる古銭となっています。

少しでも価値・買取価格が気になった方は、お持ちの琉球通宝の価値を簡単に査定してもらうことができます。

もし買取を希望する方がいれば、当サイトではTOPページの古銭買取おすすめ高額査定ランキング!でおすすめ業者を徹底紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

古銭買取おすすめ業者ランキング!