新札の発行時期・デザイン

2019年4月9日に、「2024年度をめどに1万円、5千円、千円の新紙幣(日本銀行券)を発行する」と発表されました。

新札発行の目的としては「紙幣は偽造防止」のためとされており、これまでも20年に一度のペースで新札が発行されてきたので、その一環となっています。

新札のデザインとしては、1万円札には「渋沢栄一」を、5千円札には「津田梅子」、千円札には「北里柴三郎」の肖像画を使用する発表されました。

そこで本記事では、新札の発行時期・デザインと肖像画の人物について詳しく紹介していきます。

新札の発行時期はいつ?

新札の発行時期については、2024年上期中をめどに新札が発行される発表されています。

なんで5年も先の話を今発表したのかと疑問に思うかもしれませんが、麻生大臣によると「新紙幣は印刷に2年半、自動販売機などの対応に2年半が必要となるため、この時期に発表した」と説明しました。

また元号変更との関連性を問われた際には、「たまたま重なっただけ」と強調しました。

今回の改札では3Dや3Dホログラムなど世界最先端の偽造防止技術が搭載される予定となっており。額面の数字を大きくするなど、ユニバーサルデザインの考え方を踏まえたデザインとなりますが、ネット上では、「フォントがダサい」などと話題となっています。

では、次に新札のデザインについて見ていきましょう。

新札のデザインについて

新札のデザイン

新1万円札のデザイン

新1万円札の表面には「渋沢栄一」の肖像画、裏面には「東京駅の丸の内駅舎」が描かれております。

1万円札に選ばれた渋沢栄一について、麻生大臣は「日本資本主義の父」と表現、「この方の功績は大きかった」と話しました。

渋沢栄一は明治から昭和初期にかけて活躍した実業家で、生涯およそ500もの企業の設立や育成に関わり、「近代日本経済の父」や「日本資本主義の父」と呼ばれています。

新5千円札のデザイン

新5千円札の表面には「津田梅子」の肖像画、裏面には「藤の花」が描かれております。

5千円札に選ばれた津田梅子について、女性活躍における現代社会への功績を評価しました。

津田梅子は今の津田塾大学を創立したことで知られる明治から昭和初期にかけての教育家です。

新千円札のデザイン

新千円札の表面には「北里柴三郎」の肖像画、裏面には「三十六景の【神奈川沖浪裏】(かながわおきなみうら)」が描かれております。

千円札に選ばれた北里柴三郎について、科学技術の発達における現代社会への功績を評価しました。

北里柴三郎は破傷風菌の純粋培養に世界で初めて成功し、その治療法を確立するなど、明治から大正にかけて、伝染病の予防などに多大な功績を上げた世界的な細菌学者です。

500円玉は2021年上期に刷新

500円玉

今回デザインが刷新されるのはお札だけでなく、500円玉もデザインが変更されると発表されました。

500円玉に関しては、デザインは変わらりませんが様々な新技術を導入し偽造防止のために発行されます。

周囲と真ん中で色が違う「バイカラー・クラッド」という技術であったり、一部を異なる形状にした「異形斜めギザ」が導入されます。

さらに日本国と書かれた面の周辺には、日本の硬貨として初めて採用された「微細文字」でJAPAN、500YENと書かれているのも特徴です。

これらの技術が使用された硬貨は初めてですが、すでに記念硬貨ではこれらの技術が利用されており、2008年から発行された「地方自治法施行60周年記念500硬貨」で採用されています。

新札の発行について

ここまで、2024年に発行される新札について紹介していきました。

2024年以降も、現在使用している紙幣が使えなくなるわけではありません。

それどころか新札が発行されれば、現在流通している紙幣は旧札となりプレミア価値がつく可能性もあります。

2024年に新札の発行の際には、無理に新札に両替するのではなく、プレミア価値がつくまで丁寧に保管しておくこともありかもしれません。