真文二分判の価値・買取相場

真文二分判は、江戸時代の1818年から明治時代の1869年の期間で流通していた金貨になります。

真文二分判が発行された後には、草文二分判、安政二分判、万延二分判、貨幣司二分判と様々な金貨が鋳造されました。

そんな真文二分判には金が含めれており、さらに特徴的なデザインが人気のため価値が高くなっております。

そこで本記事では、真文二分判に価値・買取相場について詳しく紹介していきます。

真文二分判の買取相場を紹介!

真文二分判の買取相場

買取相場 100,000円
発行年数 1818年
発行枚数 約600万枚
品位 金56/銀44
質量/サイズ 6.52g/23×14mm

真文二分判の買取相場は、最大で100,000円ほどとなっております。

発行枚数は約600万枚となっているため、日本国内で多く流通しているため希少性は高くありません。

真文二分判の含有量は、金56/銀44と金の割合が多くなっています。

そのため真文二分判はその後発行された二分判と比較すると金の含有量が多いので、安定した価格で買取してもらうことができます。

しかし買取価格はお持ちの真文二分判の状態によって変動し、美品と使用済みであれば買取価格に大きな差が生まれます。

もし真文二分判の価値・買取価格が気になる方は、一度無料査定してもらうことをおすすめします。

真文二分判の買取をお考え中の方へ

真文二分判の価値が高く、10万円ほどで買取が期待できる古銭となっています。

少しでも価値・買取価格が気になった方は、お持ちの真文二分判の価値を簡単に査定してもらうことができます。

もし買取を希望する方がいれば、当サイトではTOPページの古銭買取おすすめ高額査定ランキング!でおすすめ業者を徹底紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

古銭買取おすすめ業者ランキング!