裏猪十円の価値・買取相場

【甲号兌換銀行券】裏猪十円は1899年10月1日から1939年3月31日の約40年間にわたって発行されていた紙幣です。

そんな裏猪十円札は、100mm×169mmのサイズで通常の紙幣より多く製造されているのが特徴です。

デザインは、表面には「和気清麻呂と護王神社」、裏円には「猪」が描かれております。

裏猪十円札はとても価値が高く、高値で買取が期待できる古銭となっています。

そこで本記事では、裏猪十円札の価値・買取相場について詳しく紹介していきます。

裏猪十円札の買取相場を紹介!

裏猪十円札の買取相場

買取相場 〜100,000円
発行年数 1899年〜1939年
素材

裏猪十円札の買取相場は、最大で100,000円と非常に高額となっています。

甲号兌換銀行券は価値の高い古銭となっており、正しい売り方で売ることで高値で買取してもらうことができます。

ぜひ、お持ちの裏猪十円札が気になる方は、ぜひ無料査定してもらうことをおすすめします。

裏猪十円札の買取をお考え中の方へ

裏猪十円札は非常に価値が高く、高額での買取が期待できる古銭となっています。

しかしお持ちの裏猪十円札の状態によって、買取価格が変わってきます。

もし買取を希望する方がいれば、当サイトではTOPページの古銭買取おすすめ高額査定ランキング!でおすすめ業者を徹底紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

古銭買取おすすめ業者ランキング!